北海道ぎょれん採用情報

このテンプレートはshingle-member-new.php

人から知る

新人職員インタビュー

新入会職員へ、就職活動や研修について語っていただきました。

熊谷 美教

Kumagai Yoshinori

総務企画部

入会年: 2018年

就職活動はどのように進めましたか?
最終的にぎょれんを選んだ理由も教えてください。

就職活動は大学での就活セミナーが始まる3か月ほど前から就活に関する本を読んだり、自分の興味のある企業についてインターネットで調べたりしていました。自己分析については、客観的な意見を求めるために親や友人などに相談し、自分では気付けない「自分の人となり」を聞きました。
東京で就職活動を進めていましたが、道内の企業にも興味があり、東京で開催される道内企業の説明会等にも何回か参加しました。
ぎょれんに決めた理由は、人事の方々がどの企業よりも学生の目線になって一緒に就職活動について考えてくれていると感じたからです。東京の企業も含め、たくさんの企業を受験しましたが、「こんな人たちと働きたい」と思うことができたのはぎょれんだけでした。

ぎょれんに入ってみて、就活生の時とイメージは変わりましたか?

就活中のイメージは「常に魚に携わる」というものでした。現在私の所属している総務企画部では、内部の予算管理や、事業計画の策定といったこと等を行っています。業務は一日を通してパソコンに向き合っていることが多いが、職員全員が「浜のために」という熱い想いをもって業務にあたっています。
私の就活中のイメージである「常に魚に関わる」のは主に販売、営業の部門。そういった前線で働く人たちを根底から支えるのが今の私の役目だと考えています。

今後、どのような職員になっていきたいですか?

「~については、熊谷に聞いたら大丈夫だよ。」と言われるような、自分自身の強みを見つけてそれを強化していきたいと考えています。
「魚のプロになる」ということが私の目標。熱く仕事に取り組み、先輩・同期に信頼され、後輩から慕われるような職員を目指して邁進していきたい。

就活生の皆さんにエールを!

就職活動は人生の大きな分かれ道の一つです。たくさん悩み、たくさん辛い思いをすることがあるとかもしれません。そこで決して腐らずに最後まで頑張ってみてください。後悔しないために、「今、頑張る」を意識した就職活動を行ってください。今、頑張っているかな?と自分に問いかけてみてください。行動、考え方は大きく変わってきます。就職活動は長いようであっという間です。本気を出すのは今かもしれません。
頑張ってください!応援しています。

新人職員インタビュー

新入会職員へ、就職活動や研修について
語っていただきました。

部門別職員インタビュー

各部門の紹介とその魅力について
語っていただきました。

page top