北海道ぎょれん 新卒採用情報

このテンプレートはshingle-member.php

人から知る

北海道の水産物を全国、

全世界の人にPRしています

田村 望美

Tamura Nozomi

入会年: 2011年

経歴

  • 2011年 入会、加工食品部配属
  • 2012年 釧路支店
  • 2014年 総務企画部
  • 2019年 販売企画部

現在のお仕事の内容をお聞かせください。

販売企画部には、ぎょれんブランド商品を直接消費者に届ける直販事業の業務と、北海道の主要魚種である、秋鮭・ほたて・昆布の宣伝事業の業務があり、私は主に昆布の宣伝業務を担当しています。

食育活動、テレビや雑誌の広告や記事の作成、商品の販促物の作成など、宣伝といってもさまざまな形がありますが、北海道の水産物を全国、全世界の人にPRできるよう、生産者が伝えたい情報と消費者が求めるニーズのマッチングを考えながら日々業務を行っています。

北海道ぎょれんに入会した理由やきっかけ

ズバリ「人」です。

内定の電話をもらった時、人事の方に「一緒にぎょれんの仲間として働いていきましょう」とお話しいただいた時の事は、今でも鮮明に覚えています。

ぎょれんは「親しき仲にも礼儀あり」という企業風土で、9年目の今でも入会した時と思いは変わらず、とても働きやすい職場です。

仕事を通じて学んだこと、成長できたこと

人との出会い、つながりを大切にする事です。

今回一度きりの仕事・・・・と思っていても思わぬところで人は繋がっているものです。

相手の事を考えて仕事をする、という事は当たり前の事ですが、自分が相手の為にした事は、いいことも悪いことも、いつか繋がって自分に返ってきます。そういった意味で広い視野を持つ事は、ぎょれんに入って自分が成長できた部分だと思います。

仕事を通じて心に残っているエピソード

釧路支店に異動になった際、次世代を担う生産者の団体である青年部の事務局を任されました。青年部の会長との初対面の日、「女性だからって甘やかさないからな!」と言われ、とても悔しかった事を覚えています。その後2年間、誰にも負けないように事務局の仕事を行いました。その結果、釧路支店から異動になる際には、すべての地区の青年部長が集まって送別会を開催してくださり、6年たった今でも当時の会長とお会いした時には、「一緒に2年間タッグを組めて本当によかった!またいつか一緒に仕事をしたい!」と言っていただける事が、すごく嬉しく、一生忘れる事のない経験になっています。

これからの目標、将来の夢

全国・全世界の人、小さい子供から大人まですべての人に北海道の海の幸の素晴らしさをしってもらう事です。それだけの価値が北海道の水産物にはあると思います!

北海道の漁業に対する思いは

北海道水産物の鮮度・安全性はどの地域にも負けないと思います。

北海道の水産物を国内外の多くの皆さんに届けられるよう努め、生産者が漁業に取り組みやすい環境を提供していきたいです。

就職活動中の学生へ向けてのメッセージ

企業を決めるポイントには「仕事内容」、「人」、「お金」、「場所」・・・人によって様々かと思います。就職活動している中ですべてが当てはまる企業はなかなかみつからないかもしれませんが、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスをしていただき、悔いのない就職活動をしてください。

休日の過ごし方

販売企画部の先輩後輩と家飲み焼肉!

部門別職員インタビュー

各部門の紹介とその魅力について
語っていただきました。

page top