北海道ぎょれん採用情報

このテンプレートはshingle-member.php

人から知る

情報収集・発信により道産水産物の流通をサポート

岩本 駿

Iwamoto Shun

入会年: 2016年

経歴

2016 年 北海道ぎょれん入会 総務企画部配属

2017 年 釧路支店

【北海道ぎょれんに入会した理由やきっかけ】

実家で漁業を営んでいるため小さいころから家業を手伝う機会があり、水産業は大変やりがいのある仕事だと感じていました。ぎょれんでは市場事業、販売事業、購買事業などの多方面から水産業を支えることができるほか、全国各地で北海道の美味しい水産物を販売できることに魅力を感じたため入会したいと考えました。

【現在の仕事内容】

浜で水揚げされた鮮魚を消費地支店へ繋げる仕事や、管内の各魚種の水揚状況資料作成、イワシや毛ガニなどの買付業務を担当しています。
メディアや資料などで断片的な情報は手に入れることはできますが、産地の現場でしかわからない情報もあるため、そうした情報を迅速に手に入れ、内外部へ発信することを心がけています。また、実際に浜へ足を運ぶと新たな発見や様々な経験をすることができるため、とても充実した日々を過ごしています。

【仕事を通じて学んだこと、成長できたこと】

 場に足を運ぶと値段のつかない魚があることに気づきます。実際に食べてみると美味しいのですが、消費者に馴染みがないことや調理方法が知られていないことが理由の一つでした。
販路を拡大するために取引先や消費地支店と打合せし、魚を入れる発砲の大きさを変えたり、氷の量を調整して工夫を凝らし付加価値を加える。そうした取組の結果、新規の販売先が興味を持ってくれて魅力的な水産物を消費者の方々へ届けられた喜びは今でも忘れません。

【仕事を通じて心に残っているエピソード】

 産地で仕事をしていると漁協の仕事を経験させていただける機会もあります。
中には体力が必要な仕事もありますが、水揚げされたばかりの魚に触れられる貴重な体験なので積極的に参加するようにしています。魚の鮮度や魚体の大小などを肌で感じられる楽しさがあるため、気にかけてくださる方々にとても感謝しています。「いつもありがとう」と新鮮な魚をもらった時は、喜びと同時にもっとたくさんのことを経験し味わいたいと思いました。

【これからの目標、将来の夢】

 実際に産地で様々な水産物を見てみると、コンビニやスーパーで取扱われているのはほんの一部で、北海道ではたくさんの種類の魚が水揚げされていることがわかりました。今はそうした魚を少しでも広めることを目標に仕事をしていますが、将来は消費地支店でも直接、北海道の美味しい水産物を広めていきたいです。

【北海道の漁業に対する思いは】

 生産者の父親が汗だくで仕事から帰ってくる姿を見ていたので、生産者の方々がどれだけ大変な思いをして水産物を獲ってくださっているのか実感しています。また、消費者のもとに届くまでに、水揚げされた水産物をブランド化したり、高鮮度を保つ工夫をするなど多くの浜関係者の努力があることを知りました。水揚げが伸びている魚種もあるのでそうした水産物の魅力を少しでも広められるよう微力ながら助力できれば、と思います。

【就職活動中の学生へ向けてのメッセージ】

 就職活動は自分の今後を大きく左右する人生の大イベントです。
企業分析や説明会などで就職先の情報を手に入れることも重要ですが、一番大切なのは将来どんな自分になっていたいか、ということだと思います。就職活動を通じて全力で自分と向き合い、皆さんが満足のいく就職活動ができるよう応援しています。

休日の過ごし方

友人とミニバレーやバドミントンなどで体を動かしたり、同期と定 期的に集まりお互いの近況報告をしています。また、道東は観光する場 所がたくさんあるので暇さえあれば車でドライブをして楽しんでいます。

新人職員インタビュー

新入会職員へ、就職活動や研修について
語っていただきました。

部門別職員インタビュー

各部門の紹介とその魅力について
語っていただきました。

page top