北海道ぎょれん採用情報

このテンプレートはshingle-member.php

人から知る

kobayashi03

「燃油・施設設備」、「胆振管内」の担当をしています。

小林 睦哉

Kobayashi Atsuya

本所 購買部

入会年: 2013年

経歴

購買部

北海道ぎょれんに入会した理由やきっかけ

はじめから「この業界、この企業で働きたい!」といった明確なビジョンはなく、ぼんやりと「Uターンして北海道で働きたい」という程度で就職活動をしていました。自分が何をしたいかということをずっと考えながら様々な業界・業種の説明会に参加する中で「北海道の基幹産業に貢献したい」との思いが強くなり、協同組合組織の中で働くことにしました。

現在の仕事内容

ぎょれん購買部では取扱している商品の品目ごとの担当、また、道内の各地区ごとの担当があります。私はその中で「燃油・施設設備」、「胆振管内」の担当をしています。「燃油・施設設備」の担当としては全道に100基以上ある共有燃油タンク(漁船に燃料を供給する施設)の維持管理、離島へ漁船用燃料を輸送するタンカーの運航管理がメインの業務です。「胆振管内」の地区担当としては、漁業者へ網やロープ等の資材営業を主に行っています。

仕事を通じて学んだこと、成長できたこと

入会して2年目に、全道にある共有燃油施設の中長期修繕計画の策定に関わることがありました。それまでは目の前にある問題を処理していくだけだったのですが、この仕事を通じて今後10年間の燃油需要を推定し計画を立てることになり、長期的な視野に立った物事の考え方を学ぶことができました。

00467仕事を通じて心に残っているエピソード

入会して2年目に、購買部の中で胆振管内の地区担当となり初めて漁業者に営業をした時です。知識も経験もまったく足りず、漁業者からの質問にも上手く答えることができずに悔しい思いをしましたが、商談の後に「やっぱり漁協系統の資材を利用したいから買うよ」ということで刺網を買っていただきました。自分の知識不足の反省と、初めて販売できたうれしさを覚えています。

これからの目標、将来の夢

購買部での経験が今後どのように活きてくるのかはまだ未知数ですが、他の業務も経験し、後輩に「こんな先輩になりたい」と目標とされるような職員になりたいと考えています。

北海道の漁業に対する思いは

量販店の店先を覗くと、並んでいる魚の多くを「北海道産」が占めています。ぎょれんの仕事を通じて少しでも浜のために貢献し、北海道の水産業を盛り上げていければと考えています。

就職活動中の学生へ向けてのメッセージ

私は地方の大学に在学していたので、東京まで何度も足を運ぶのがつらかった思い出があります。みなさんには自分の志望職種以外にも、様々な説明会に足を運ぶことをお勧めします。パンフやインターネットで調べられることには限りがありますし、行ってみて初めて分かることはきっと多いはず。様々な企業がありますが、ぜひ自分の目で見て判断して欲しいと思います。

こんな1日

time-kobayashi

休日の過ごし方

バイクが趣味で、天気が良ければ休みの日にはツーリングに出かけます。目的はご当地B級グルメの食べ歩き!

kobayashi_holiday

部門別職員インタビュー

page top