北海道ぎょれん採用情報

このテンプレートはshingle-member.php

人から知る

「ありがとう」と言われるように

門 洸司

Kado Hiroshi

東京支店 営業第三部

入会年: 2009年

経歴

平成21年 北海道ぎょれん入会  販売事業部配属 平成22年 稚内支店 平成25年 8月〜東京支店

【北海道ぎょれんに入会した理由やきっかけ】

水産に興味があり、地元で水産の仕事をしたい(札幌出身です)と思って考えていた時に北海道ぎょれんを知りました。商社とは違う雰囲気に魅かれたのが入会を決めた理由です。

【現在の仕事内容(少し具体的に)】

東京支店で生協関係へ北海道産の水産物を販売、流通させる業務を行っています。営業として生協に北海道産の水産物を紹介し、一般消費者(生協組合員)まで滞りなく届けられるよう物流の管理(生協のDC納品まで)を行っております。

【仕事を通じて学んだこと、成長できたこと】

 物事には立場によっていろいろな見方ができるため、自分の立場と相手の立場を理解しながら取進める必要があることを学びました。そういったことを考えるようになったのは成長なのかなと思います。

【仕事を通じて心に残っているエピソード】

3m6a1243 たくさんありますが、人とのつながりを感じる瞬間が特に心に残っています。昔と変わったといわれながらも、まだ、人と人の部分も残っていると思います。

【これからの目標、将来の夢】

 「ありがとう」と言われるように仕事をしていきたい。「北海道の水産物」が世界に認知されるようになればいいなと思います。

【北海道の漁業に対する思いは】

 漁業は過酷で危険な仕事。そんな中水揚げされた水産物は魅力的であり、貴重であると思います。そういったことを少しでも多くの人に理解してもらえるように頑張りたいです。

【就職活動中の学生へ向けてのメッセージ】

 就職活動は人生の大きなイベントのひとつだと思います。まずは自分をしっかり理解して、そして、自分をしっかり評価してもらえるところを探してみてください。

休日の過ごし方

子供がまだ小さいので、近場の喜びそうな所でのんびり英気を養っています。平日は帰りが遅くて眠っている子供にしか会えないため、週末は絵本を読むのが日課です。

部門別職員インタビュー

page top